FC2ブログ

レポートの全体像②:レポートの構成

目次へ

レポートの全体像②:レポートの構成

【ステップⅡ】より体裁のとれたレポートを作ろう

パッと見たときの印象も、レポート作成において実は重要となります。
採点する側も人間、レポートの内容に対して評価するとはいえ、パッと見の印象が良くて得することはあっても損することはありません。
ならば、少しでも見栄えの良いレポートを作るべきです。

今回は、より体裁のとれた見栄えの良い論文らしい形にするためのポイントを解説します。


1. 全般的な注意
2. 具体的なポイント


1. 全般的な注意

ここで言う見栄えの良いレポートの条件は2つ。
1つは、字数や行数のバランスの良いもの。これは、極端に字数や行数、上下左右の余白を変更しなければさほど問題はないであろう。詳しくは別途解説する。
もう1つは、心理学の論文の形にあったレイアウトになっているということ。
採点する心理学の教員は、心理学系の学術論文を多く読んでおり、そのような心理学論文に準じた実験レポートを要求している。すると、心理学論文に似たレイアウトはパッと見も良いし、教員側も読みやすいと言える。

ここでは、個人的に推奨するレイアウトの例を紹介する。
ただし、ここで推奨する例はあくまで一例に過ぎず、絶対的な正解ではないことに注意してほしい。


2. 具体的なポイント

以下に、図による具体例を交えながら、ポイントを列挙する。

2.1. 見出しのフォントはゴシック体で。
 明朝体とゴシック体が混じると、ゴシック体の方が強調されているような印象を受ける。そこで、見出しは、大見出し、中見出しともにゴシック体にすることをお勧めする。また、各見出しは、更に太字にしても良い。

2.2. 本文のフォントは明朝体で。

2.3. 本文の半角英数のフォントは、Century または Arial で。
 文章量の多い本文は、明朝体の方が見やすくなる。また、本文中は結果の数量データの記述など半角英数を使用することも多い。そこは、Century または Arial を推奨する。
 Wordで文章を作成する場合、全角の明朝体で作成された文章部分も一緒にCentury または Arial にフォント指定しても、全角部分は明朝体のままになるので便利。

2.4. 大見出しの前は一行空ける

レポート全体像イメージ③


以下に、レイアウト元ファイルをつける(表紙除く)。活用してもらいたい。
ただし、見出しと本文でフォントが異なっているので、改行には気を付けること。
"ファイル入手"をクリックした先で、"レポート全体原型.docx"を入手すること。

ファイル入手







スポンサーサイト



Date: 2017.11.02 Category: 全般  Comments (0) 

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

プロフィール

Author:ALJDN
専門は実験系心理学。
複数の大学で心理学実験の演習を担当。

初めてレポートを書く時はステップⅠを、1~2度経験してレポート作成の基礎が習得されてきたらステップⅡを確認することをお勧めします。

広く拡散して頂けると幸いです。

更に解説して欲しいポイントなど、ご要望があればお願いします。追加解説していく予定です。

その他、ご意見やご要望、あるいは実際のレポートにおける様々な実例など、ブログの充実に役立つ情報をお待ちしております。

カテゴリ
訪問者数
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる