FC2ブログ

Excelの使い方④:グラフの作成・標準偏差の表示

目次へ

Excelの使い方④:グラフの作成・標準偏差の表示

【ステップⅡ】グラフの作成③・エラーバーで標準偏差をつける

今回は、Excelを用いてグラフを作成する際の、標準偏差の表示について解説します。
Excelで誤差範囲として標準偏差を表示するのは、Excelに慣れていない方が試行錯誤で行うのには難解と思われます。
始めのうち(ステップⅠ)としては、間違った図を作るくらいなら、無理して標準偏差をつけないのもありと考えていますが、最終的には標準偏差をつけることは当然のこととして、その操作手順を習得して下さい。

1. Excel上でデータ元の整理
2. 標準偏差の表示法



1. Excel上でデータ元の整理

 Excelでグラフを作る場合、図の書き方の最初に、データ整理とは別にグラフの元になる部分をまとめることをお勧めした。標準偏差の表示でも同様で、平均値の下に標準偏差をまとめておくこと
SD表示図①



2. 標準偏差の表示法

a) 系列が1つの場合(折れ線グラフを例に)

《Excel 2013の場合》
・図を1回クリックした(図を選択した)後に、
 メニュー「レイアウト」⇒「誤差範囲」⇒「その他の誤差範囲のオプションを選択する。
※ここで、「誤差範囲(標準偏差)」は選択しないこと!

SD表示図②

・誤差範囲の書式設定のダイアログで、
  表示は「両方向」
  誤差範囲は「ユーザー指定」を選択し、値の指定をクリックする。
SD表示図③

《Excel 2016の場合》
・図を1回クリックした(図を選択した)後に、
 メニュー「デザイン」⇒「グラフ要素の追加」⇒「誤差範囲」⇒「その他の誤差範囲のオプションを選択する。
※ここで、「標準偏差」は選択しないこと!
SD表示図②new 

・右側に表示される誤差範囲の書式設定で、
  表示は「両方向」
  終点のスタイルは「キャップあり」
  誤差範囲は「ユーザー指定」を選択し、値の指定をクリックする。
SD表示図③new 

《以下、共通》



・ユーザー指定の誤差範囲のダイアログで
  「正の値」と「負の値」共に
  ワークシート上の標準偏差が表示されているセルを、数値の部分のみ選択する。
SD表示図④

・ユーザー指定の誤差範囲のダイアログで「OK」、誤差範囲の書式設定のダイアログで「閉じる」をクリックすると、図に標準偏差が追加されている。
SD表示図⑤


b) 系列が2つの場合(棒グラフを例に)
・メニュー「レイアウト」⇒「誤差範囲」⇒「その他の誤差範囲のオプション」を選択する。
・誤差範囲の追加のダイアログで、標準偏差を追加する系列を指定する。
(これは、2系列とも順番に実施する)
SD表示図⑥

・誤差範囲の書式設定のダイアログで、
  表示は「両方向」
  誤差範囲は「ユーザー指定」を選択し、値の指定をクリックする。
・ユーザー指定の誤差範囲のダイアログで
  「正の値」と「負の値」共に
  ワークシート上の標準偏差が表示されているセルを、数値の部分のみ選択する。
SD表示図⑦

・ユーザー指定の誤差範囲のダイアログで「OK」、誤差範囲の書式設定のダイアログで「閉じる」をクリックすると、図に標準偏差が追加されている。
・系列毎に標準偏差を追加すると、以下のようになる。
SD表示図⑧




スポンサーサイト



Date: 2019.03.27 Category: 統計処理  Comments (0) 

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

プロフィール

Author:ALJDN
専門は実験系心理学。
複数の大学で心理学実験の演習を担当。

初めてレポートを書く時はステップⅠを、1~2度経験してレポート作成の基礎が習得されてきたらステップⅡを確認することをお勧めします。

広く拡散して頂けると幸いです。

更に解説して欲しいポイントなど、ご要望があればお願いします。追加解説していく予定です。

その他、ご意見やご要望、あるいは実際のレポートにおける様々な実例など、ブログの充実に役立つ情報をお待ちしております。

カテゴリ
訪問者数
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる