FC2ブログ

方法の書き方②-1

目次へ">目次へ

方法の書き方②-1

【ステップⅡ】各項目の書き方と具体例、その一

今回は、方法の中の各項目の書き方を解説します。
今回は特に実験参加者と実験状況の2項目を取り上げます。
実験材料と手続きはその二で取り上げます。
単語の羅列や箇条書きという誤りがよく見受けられる個所でもありますので、そのようにならずに、きちんと文章で仕上げることを意識して下さい。

1. 実験参加者の書き方
2. 実験状況の書き方



1. 実験参加者の書き方
Purchase and enjoy MagabloSM!
This content is a MagabloSM (pay-to-view).
Purchase this content to continue to read!
What is MagabloSM?
スポンサーサイト



Date: 2019.02.02 Category: 方法   
プロフィール

Author:ALJDN
専門は実験系心理学。
複数の大学で心理学実験の演習を担当。

初めてレポートを書く時はステップⅠを、1~2度経験してレポート作成の基礎が習得されてきたらステップⅡを確認することをお勧めします。

広く拡散して頂けると幸いです。

更に解説して欲しいポイントなど、ご要望があればお願いします。追加解説していく予定です。

その他、ご意見やご要望、あるいは実際のレポートにおける様々な実例など、ブログの充実に役立つ情報をお待ちしております。

カテゴリ
訪問者数
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる