FC2ブログ

文献の書き方①

目次へ

文献の書き方①

【ステップⅠ】文献リストの書き方のルール・初歩

今回は、文献リストの書き方を解説します。
レポートでは、最後の章に引用文献(または場合によっては参考文献)をリストアップします。
これも書き方のルールが明確になっていますので、ルールを守るかどうかが評価の大きなポイントになってきます。
引用文献と参考文献の違いについては、コラムにて別途解説しますので、レポート作成時にどちらを書くかは授業での指示に従って下さい。


1. 文献の情報の書き方
2. 文献リストはアルファベット順に


1. 文献の情報の書き方

 日本語の文献の情報は、以下のルールで書く。英語の文献については別途解説する。
 共通するルールとして、以下の点が挙げられる。
・著者は姓、名の順でフルネーム書き、複数名の場合は中黒(・)でつなぐ。
・著者名は一般にスペースを空けないが、姓と名の区別が分かりにくい場合のみ1字空ける。
・出版年は、().で囲む。()の後の.(半角ピリオド)を忘れないように。ただし、出版年については().をつけないケースもある。

a) 著書の場合
・①著者名、②出版年、③本のタイトル、④出版社、の順で書く。

<書き方の例①:著書>
文献の書き方①


b) 学術論文の場合
・①著者名、②出版年、③論文タイトル、④掲載雑誌、⑤巻号、⑥掲載ページ、の順で書く。

<書き方の例②:学術論文>
文献の書き方②


c) 編集書・監修書の場合
・①編集者・監修者(後に()で編集、監修、編著などをつける)、②出版年、③タイトル、④出版社、の順で書く。

<書き方の例③:編集書・監修書>
文献の書き方③


d) 編集書の特定の章場合
①著者名、②出版年、③章のタイトル、④編集者名、⑤本のタイトル、⑥出版社、⑦掲載ページ、の順で書く。

<書き方の例④:編集書内の章>
文献の書き方④


e) 翻訳書の場合
①著者名、②翻訳者(後に()で訳とつける)、③出版年、④タイトル、⑤出版社、の順で書く。

<書き方の例⑤:翻訳書>
文献の書き方⑤


2. 文献リストはアルファベット順に

 複数の文献を挙げる場合、文献のタイプ(上記のa)からe))に関わらず全て同じ文献の章に掲載する。その際、以下のルールに従うこと。

・文献の順番は、最初に来ている人の名前(第一著者または第一編者)の姓をアルファベット順に並べること。

スポンサーサイト



Date: 2017.04.28 Category: 文献リスト  Comments (0) 

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

プロフィール

Author:ALJDN
専門は実験系心理学。
複数の大学で心理学実験の演習を担当。

初めてレポートを書く時はステップⅠを、1~2度経験してレポート作成の基礎が習得されてきたらステップⅡを確認することをお勧めします。

広く拡散して頂けると幸いです。

更に解説して欲しいポイントなど、ご要望があればお願いします。追加解説していく予定です。

その他、ご意見やご要望、あるいは実際のレポートにおける様々な実例など、ブログの充実に役立つ情報をお待ちしております。

カテゴリ
訪問者数
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる