FC2ブログ

本ブログを活用するにあたって

目次へ

本ブログを活用するにあたって

本ブログは、心理学の実験実習などの授業における実験レポートの書き方について、一般的なルールや注意事項などについて解説するものである。

初めて実験レポートを書く場合、様々なルールがあって、全てをカバーしようとするのは大変であろう。
実験演習の授業を担当する立場からは、最初から完璧なものは求めていない。半期で5~6回ある実験を通して、階段を登るようにレポート作成の力を付けて行くことを想定して指導もしている。
そこで、このブログにおいても、大きく【ステップⅠ】と【ステップⅡ】に分けてある。
初めてレポートを作成する学生は、まずは【ステップⅠ】のみを確認することを勧める
2~3回目のレポート作成から、恐らく添削されたレポートの返却を受けるであろうから、そこでの添削内容などと合わせて、徐々に【ステップⅡ】の内容に目を通し、レポートに反映させるようにして欲しい。


実験や調査による研究は、報告まで行って終わりとなる。そして、報告の仕方にはある程度のルールがある。これが論文の書き方と言うものに該当するのだが、そのため心理学の実験レポートも、この論文の書き方にある程度準ずることが要求される。

元になる論文の書き方が共通であるため、大学や教員が違っても、実験レポートの書き方として要求されることに、基本的には違いがない。
また、ルールがあるということは、まずはルールを覚えて、ルールを守ってレポートを作成することが大事になる。

採点する側からの発想で言うと、ルールを守っていないということは、減点の対象にしやすい。最低限の点数を取るためにも、最初にクリアすべきは、ルールを守ることにある。

このブログでは、初めて実験レポートを書く場合に、注意すべき最低限のルールから、ある程度レポートを書き慣れてきた上で、より論文らしいレポートに仕上げるためのヒントなど、学生の能力に合わせて幅広く解説をしていく

以下に、この実験レポートの書き方の解説を読んでいく上での注意事項を挙げておく。

1. 本ブログでの解説は、あくまで一般的なものであって、授業や教員によっては異なる指示をするケースも考えられる。そのような場合は、教員の指示に必ず従うこと。

2. 本ブログでは、出来るだけ具体的な書き方などもあげて解説していく。ただし、これらはあくまで一例に過ぎない。絶対的な正解がある訳ではないので、これも授業内での指示に従い、本ブログの例はあくまで参考例とすること。

3. 実験レポートは、自分の力で書き上げることによって習得されるものである。書き他の例は、あくまで例であるので、参考にするに留め、必ず自分で全て書くようにすること。文章のコピペは絶対にしてはならない。本ブログは、あくまで学生諸君がより良いレポートを書くための一助になることを意図して書いているものであって、楽してレポートを作成するためのものでは決してない。

スポンサーサイト



Date: 2017.02.23 Category: 無料公開部分  Comments (0) 

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

プロフィール

Author:ALJDN
専門は実験系心理学。
複数の大学で心理学実験の演習を担当。

初めてレポートを書く時はステップⅠを、1~2度経験してレポート作成の基礎が習得されてきたらステップⅡを確認することをお勧めします。

広く拡散して頂けると幸いです。

更に解説して欲しいポイントなど、ご要望があればお願いします。追加解説していく予定です。

その他、ご意見やご要望、あるいは実際のレポートにおける様々な実例など、ブログの充実に役立つ情報をお待ちしております。

カテゴリ
訪問者数
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる